話そう!「子どもの権利」(ご報告&参加者募集)

市議会では子どもの権利の条例を策定中です。来月にはそのための広聴会も行われます。

しかし、一度きりの広聴会で市民の意見がどこまで反映できるのかとの思いから「話そう!『子どもの権利』」とのテーマで、10月17日(日)に学習会と意見交換会を行いました。

子ども1名を含む8名の方々にお集まりいただきました。

前半は、子どもの権利についての学習会として、子どもの権利条約、児童憲章、子ども家庭福祉に関する法律などについて確認しました。

後半は、参加者それぞれの立場から、日頃思っていることなどを発言していただきました。

学童保育が足りないし保育料が高いこと、支援が必要な子どもにそれが十分届いていないこと、子どもの命と母体の健康とそれぞれの尊厳を守るため避妊を含む命の授業の必要性、食や睡眠をしっかりとり健康を確保することが大事、などなど。

どのご意見も、子どもを大事にするなら子育てを大事にしなければとの考えが根っこになっていると思いました。

市の条例ができることで、何が変わるのか?とのご意見もいただきました。

まずは、こうやって、多くの市民が子どもの権利について考えるきっかけになること、また、条例案では条例の周知も謳っていますので今後多くの市民が子どもの権利について知るようになること、そして、これからの市の施策が子どもの権利の視点で計画・推進されていくことです。

子どもの権利の主体は、子どもです。

子どもの意見を聴く機会がないまま条例ができることは残念すぎる。

もう1回、同じ集まりを行います。

10月25日(月)10:15〜12:15

ヴェルクよこすか第2会議室にて

どうぞ、ご参加ください。

子連れ参加、当日参加もOKです!

話そう子どもの権利のサムネイル

前の記事

反対の理由は・・・