反対の理由は・・・

9月15日の本会議では、議案の採決がありました。

11議案中、3議案に反対しました。

議案第103号 一般会計補正予算

補正予算議案は、複数の補正予算が1件にまとめられて出てきます。

  • 新型コロナウイルス感染症対策
  • 芦名5号防波堤有償譲渡
  • よかったありがとう基金
  • システム改修
  • テレワーク端末購入
  • コンピュータ室用無停電電源装置の撤去とUPS調達
  • 指定管理事業者への補填
  • 指定管理事業者からの不用額の返還
  • ふるさと納税
  • 粗大ごみ収集の申し込みをLINEで始める

という中身です。

もう少し細かく言えば、よかったありがとう基金の件はさらに中に3件、指定管理者の件は指定管理事業の件数だけあります。病院、サポセン、芸術劇場、などなど。

このうち、よかったありがとう基金と芦名5号防波堤の2件について反対なので、反対しました。

よかったありがとう基金、今回はその使い道についての議案なのですが、「よかったありがとう文庫」なるものを全6か所の愛らんど(子育て広場)に設置するというのです。本と書架とテーブルと椅子まで。6か所に聞き取りをすると、狭くて置けないと言うところが2か所。現場無視の態度と、狭いところがますます狭くなって親子の居場所としての環境の劣化になるので反対しました。(この件は、別途詳しく書きます)

芦名5号防波堤は、無許可でマリーナ工事をし指導中の事業者に、市の防波堤を売るというので、それも道理にかなうことではないと思って反対しました。

議案第104号 公債管理費補正予算

上記103号で防波堤を売ることに関連するものなので、反対。

議案第107号 ゼロカーボン推進条例制定

ゼロカーボン推進は望むところですが、市内に建設中の石炭火力発電所を度外視した内容は理解に苦しむので反対。ましてや、条例の名称が「地球をまもれ 横須賀市ゼロカーボン推進条例」ですから。

 

とうことで、子育てや環境にまじめに取り組んでいる市民を馬鹿にしたようなものは賛成できないと思った、今回の反対理由でした。