まちづくりレポートNo.84

「新型コロナウイルス対策
 ~命・暮らし・人権を守るために~」

学校は休校でも、学童クラブは開所
感染を恐れ、感染による差別を恐れる教育委員会は、学校での児童の預かりについての周知に消極的。
自粛要請の下、家庭と学童クラブだけに負担が。
子どもの最善の利益はどこへ。

ランドセル置き場やってます
みんなの家のランドセル置き場は、朝から開所。
問い合わせはない、必要の度合いは低いと担当課は言うが、広報不足。

「愛らんど」休館中も電話相談は継続
5か所のうち一部ではインスタグラムでの発信も。
こんな状況だからこそ、子育て支援が必要。

コロナ補正予算は450億円
うち、国庫支出金は418億。コロナは市の財政にも重くのしかかる。
市長・副市長の6月ボーナスカット。
議員は6月12月ボーナス10%カット。
議員も生活者ではあるが、10%ではあまりに少ないので反対。

新ごみ処理施設稼働!
排ガスによる環境汚染が心配です。
大気の状態をウォッチするため、松葉調査を実施。

全文は、こちらで ☛まちレポ84-2

まちレポ84-2のサムネイル