PCRセンター開設します

横須賀市は、明日4月24日(金)、PCRセンターを開設します。

要予約。概要は、こちら?
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3120/nagekomi/20200422.html

今日は、現地での事前説明会に参加しました。

横須賀市医師会副会長であり、横須賀市救急医療センター長である髙宮光先生から説明をお聞きしました。

このPCRセンターでは、ドライブスルー形式ではなく、ブース内の職員が、ブース外の椅子に座った患者から検体を採取します。

この方法だと、防護服を着用する必要がなく、また、職員の感染リスクを抑えることができるとのこと。

防護服は、基本的に1回きりの使い捨てであり、現在不足が言われている中、効果的です。

また、多くの患者は車で来所されることでしょうが、車から降りるのは、ここで検体を採取する時だけで、受付、検温、診察(視診、問診)、SpO₂(酸素飽和度)測定は、車から降りることなく行われます。

検査後は、必要に応じて抗生剤や解熱剤などが処方されます。

検査は無料、薬代は後日会計とのことなので、会計を待つこともありません。

検査結果は、翌日の夕方にお知らせです。(土曜日の検査結果は、月曜日の夕方)

1日に36件の検査ができます。

ところで、人口10万人あたりの感染者数は、全国平均で9.0人ですが、横須賀市では9.2人です(市内の感染者数は36人、人口は約39万人/4月20日現在)

人口の多い大都市と比べると、感染者は少ないですが、決して安心できる状況ではありません。

そのような中、PCRセンターの設置は、とても心強いものです。

しかし、まずは感染防止が第一です。

引き続き、3つの密を避け、石けんでのこまめな手洗いを。

000593494のサムネイル