全ては平和な社会の上に築かれる

毎月最終日曜日は、非核市民宣言運動ヨコスカの月例デモ。

ヴェルニー公園をスタート
→海上自衛隊横須賀地方総監部前で自衛官の皆さんにアピール
→ヴェルニー公園
→ベースゲート前で米軍人にアピール(英語)
→大滝町の商店街で道行く人々にアピール
→横須賀中央駅前
→市役所前公園でゴール

3月は、大滝町でのアピールを担当させていただきました。

私は、仲間と共に、横須賀で子育て支援のNPO活動を行ってきました。
少子化、核家族化、コニュニティの希薄化で、ワンオペ育児。
この20年というもの、子育てを取り巻く社会状況はあまり変わらないまま、児童虐待は今や社会問題となっています。
ちいさなNPOにできることには限界がありますが、
私たちは、制度外の「休日」「早朝深夜」「病後児」など、理由を問わずに多様なニーズに対応してきました。
しかし、それもこれも、世の中が平和でなければ、成り立ちません。
議員という立場で、自衛隊の壮行会の案内をいただくことがあります。
壮行会に出席した時、息子と同世代の若い自衛官たちが、今は訓練ですが、戦地へ赴くことになるのかもしれないと考えると、以来再び出席することはできません。
このデモにこうして参加しているのは、普通の市民です。
沿道の皆さんの中にも、気持ちはあっても、デモには参加できない方もいるだろうと思っています。
そんな方々の分まで、歩きます。
毎月このデモを見守ってくれている皆さんと、警察官の皆さんに感謝します。