高校生版議会報告会【報告】

2018年4月17日 14時31分 | カテゴリー: 活動報告

去る3月29日に実施した横須賀市議会主催の高校生版議会報告会について、広報公聴会議にて総括しました。

【概要】
3月29日(木)14:00~16:00
市議会本会議場及び委員会室
第1部:議会からの報告
第2部:グループディスカッション「横須賀を魅力的なまちにするには」
参加者は、高校生24名(横須賀明光、三浦学苑、緑が丘女子、横須賀総合)と、関東学院大学生12名、議員11名(広報公聴会議委員)。大学生には、グループディスカッションのサポートをお願いしました。

 高校生からは、実に多様な意見が出されました。

・登下校時の不審者対策
・企業誘致で就職先の拡充
・西地区交通の利便性向上
・学校行事を地域とともに行い地元愛の醸成
・SNSを活用した情報発信
・公園遊具の充実で子育て世代に配慮
・ペリーなどのマスコット拡充
・バス学割の拡充
・アニメ聖地を活用した情報発信
・かっこいい(かわいい)魅力ある大人による情報発信
・ストリートカルチャーの公的保護
・誰もが使いやすい公共施設
・ダンスプロムナードで高校生国際交流

これらの意見は、政策検討会議に送られます。

 そして、アンケートの結果、「参加してよかった」が100%!

まちづくりは、ひとりひとりの市民が主役。何かがいきなり実現することは難しいけれど、こんな風に生きたい、こんなまちに暮らしたいと考えることは大切だし、様々な考えの人たちと議論を交わし、望むまちをつくっていくことは、民主主義の姿です。

この企画で、若い世代が未来に希望を見出してくれたらと思います。

近い将来、この参加者の中から市議会議員が生まれるかもしれません。期待。