当選ご挨拶

2015年4月28日 15時54分 | カテゴリー: 活動報告

 横須賀市議会議員選挙に当選いたしました。あらためて、ご挨拶申し上げます。

 横須賀のまちづくりについて、課題は多々ありますが、私は子育て支援の底上げに取り組みたいと考えます。

 この15年、横須賀市療育相談センターとその前身のマザーズで保育士または支援員として関わり、一方、(NPO)ワーカーズ・コレクティブ キッズポケットで子育て支援活動を行ってきました。それらの現場から見える様々な課題について、この4月にスタートした子ども・子育て支援新制度とも絡めながら、ニーズに寄り添う制度構築を図りたいと思います。

 少子化、核家族化、コミュニティの希薄化という社会状況で、子育ては「孤育て」といわれる今、子育てを社会の仕事と位置づけ、子育て家庭を支える仕組みが必要です。

 選挙期間中は、多くの候補者が「子育て支援」という言葉を口にしましたが、その実態を一番知っているのは私だと自負しています。街頭演説でも、子育て支援を前面に押し出してお話させていただきました。41議席中41番目の滑り込みセーフの当選ではありますが、子育て支援の必要性が認められたのだと思っています。

 もちろん、今後は子育て支援だけというわけにはいきませんが、何に取り組んでいくときも、「子どもたちにとって、どうなのか」という視点で考えていきたいと思います。それが、未来につながる持続可能なまちづくりだと思うからです。

 ご支援くださった皆様に感謝申し上げます。そして、今後なお一層多くの市民の方々と、こどもがまんなかのまちづくりを行っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。