子育て支援

2015年3月9日 00時40分 | カテゴリー: 活動報告

 横須賀中央駅前にて、子育て支援についてお話しさせていただきました。

 少子化、核家族化、コミュニティの希薄化による「孤育て」への対策が遅れています。横須賀市では、人口が減り、高齢化率が上がっているのに、児童虐待は増えています。予防のための施策が必要です。

 私が理事長を務める(NPO)W.Coキッズポケットでは、理由を問わない一時預かりを「保育室」「派遣」の2形態で行っています。また、お母さん同士のつながりを作れるように、親子が集う「ひろば」を行っています。しかし、制度に依らない自主事業のため、高いと言われる利用料に対し、労働対価は最低賃金に達したことはありません。市内には、制度外でも、親子を支えるという公益性の高い活動を行う団体が複数あります。有用な社会資源として、行政がこれらを支えるべきと考えます。

*W.Co=ワーカーズ・コレクティブ。メンバー全員が「出資」「経営」「労働」を担う、雇われない働き方の、働く人の協同組合。